目のクマ – レーザートーニング(スタックトーニング)で解消

茶クマにおすすめの治療法です

茶クマにおすすめの治療法です

目の下のクマの種類「茶クマ」は、メラニン色素が沈着する事で皮膚の色が茶色く着色することが原因とされています。そのため茶クマの改善には、皮膚に沈着したメラニンの排出を助け、新たなメラニンの産生を抑えることが必要となります。セオリークリニックでは、こうした茶クマの改善にスタックトーニング(レーザートーニング)や、ライムライト(光治療)という治療法を行っています。どちらの施術もメラニン色素の排出や産生の抑制に効果的な治療方法となっています。

ライムライトのページはこちら

治療の仕組み

スタックトーニングとは?

スタックトーニング

シミの一種である「肝班」治療に用いられることが多いスタック(レーザー)トーニングですが、実はシミやそばかす、目の下に色素斑が出来ることでクマのように見える「茶クマ」にも大変有効です。スタックトーニング(レーザートーニング)で使用される特殊なレーザーをクマに照射して、メラニンの過剰産生を抑制し、クマとなって現れるシミの悪化を防ぎつつ、改善させていきます。

特殊な照射技術

レーザートーニングで使用されるレーザーは、QスイッチYAGレーザー(通商Q-YAGレーザー)という種類です。このQ-YAGレーザーの効果を生かすために、レーザートーニングでは、トップハット型照射という特殊な技術によってレーザーの照射を行っています。従来のレーザーでは、レーザーが当たる部位のうちで照射効果にムラが起こりますが、トップハット型照射では、パワーを均一に照射することができます。また、レーザー深達度は0.01mm単位での調整で、効果を生み出していきます。

レーザートーニングで使用されるレーザー

施術詳細

施術時間 約15分
治療中の痛み パチパチとはじかれているような軽い痛みと、若干の熱さを感じる事もありますが、軽度で我慢できる程度
治療後の痛み 熱感が残る場合があります
ダウンタイム・リスク 照射部位が赤くなり、ヒリヒリする場合がありますが、1時間程度で痛みは落ち着きます
術後の通院 ありません
洗顔 当日から可能
メイク 当日から可能
シャワー 当日から可能
施術回数 1週間に1回のペースで4~5回行うことをおすすめしています

アフターケア保証について

ビタミンCとトラネキサム酸をお肌の内部へ導入するエレクトロポレーション付きです。美肌効果のアップが期待できます。

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
医師によるカウンセリングで、お客様それぞれのお肌の状態をチェックします。治療経験が豊富な医師が診察し、あなたの肌に合った治療法をアドバイスいたします
STEP2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております
STEP3
施術
皮膚の厚みに応じて設定を変えながら照射を行います
STEP4
アフターケア
ビタミンC、トラネキサム酸をお肌に導入します。ビタミンCはコラーゲン生成を助け、トラネキサム酸は、美肌効果を発揮します

よくあるご質問

スタックトーニングとライムライトはどちらがいいですか?

お客様のお肌の状態を実際に拝見させて頂いた上での判断となります。無料でカウンセリングを行っておりますのでご連絡くださいませ。

遠方なのですが良い方法はありますか?

当院では目のクマ・たるみでお悩みの方専用の「オンラインカウンセリング」をご用意しております。スマホのカメラ機能を使ってお顔を拝見し、ある程度の治療のご提案をさせていただいています。
オンラインカウンセリングページはこちら

目の下のクマ 治療メニュー

目の下のたるみ 治療メニュー

その他

症例写真はこちら

料金表はこちら

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です