目の下のクマ治療の名医・筒井裕介院長の紹介

院長 筒井 裕介 Yusuke Tsutsui

セオリークリニック院長・筒井裕介

美容外科専門医
日本形成外科学会 会員
日本美容外科学会 会員
日本美容皮膚科学会 会員
日本臨床抗老化医学会 会員
サーマクール認定医
日本再生医療学会 会員

2003年3月に順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学の形成外科助手を経てオザキクリニックに勤務。2009年12月21日にTheoryクリニックを開業。フェザーリフト(スレッドリフト)や目の周囲の手術を得意とし、ニキビ跡治療に関しては学会発表や論文発表などを行い日々研究を行っている。

論文

フラクショナルレーザーを用いたざ瘡後瘢痕の治療
医学誌 形成外科51(4)、447ー453、2008ー04

学会発表

第123回 日本美容外科学会学術集会
2015年 7月11日 パレスサイドビル マイナビルーム
発表 「目の下のクマ治療 脱脂術+脂肪注入術」


第107回 日本美容外科学会
2019年 4月17日 ANAインターコンチネンタルホテル東京
シンポジウム 下眼瞼形成術 シンポジストとして登壇
発表 「下眼瞼の若返り治療 下眼瞼の経結膜的眼窩脂肪切除と脂肪注入の組み合わせ」

治療への思い

治療に対する理論と技術を持つドクターでありたいと思っています。

「感動を分かち合えるクリニック」であることを大切にしながら、治療に対する理論と技術を持つドクターでありたいと思っています。

オーダーメイドの美容医療を提供するために続けていること

・機器を揃え、いかなる悩み・肌質に対応できる治療を提供する
・レーザー治療では、照射法・設定にこだわりを持ち、治療を行う
・切らない美容医療だけでなく、手術も含めた治療を提供する
・医療だけでなく、統合医療も含めて治療を提供する
・従来の医療にこだわらず、お客様の満足をどこまでも追求する

ドクターを目指した理由

父が歯科医だったということが大きく影響しています。近くで父の仕事を見ているうちに医療に興味を持ちました。さらに、兄が歯科医へと進んだと言うこともあり、私は違う分野のドクターを目指そうと思いました。

ドクターとして大切にしていること

信頼を得るということです。お客様に治療でいい結果を出すために一番大切なのは、まず信頼されるということ。まず信頼していただかなければ、治療することすらできません。また、施術後にも信頼を失わないようにアフターケアなど努力を続けています。

目指していること

より多くのお客様の期待と信頼に応えるためにも、セオリークリニックをもっと大きくして行きたいと考えています。そのためにはドクター、スタッフの教育が何よりも大切になってきます。ですから、自分の思いや情熱、技術をきちんと人に伝えることが出来るドクターになりたいです。

セオリークリニックからメッセージ

お客様のことを考えた綿密なカウンセリングと、お一人おひとりに合わせたオーダーメイドのような適切な治療を心がけています。また、新しい治療や技術の導入など、日々、研鑽を続けていますので、まずは何でもご相談ください。

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です