目元(目の下のたるみ・クマ、まぶたのたるみ・くぼみ)丨美コラム
03-6228-6617 受付時間:11時~19時 オンライン予約 お問い合わせ

目の下のクマがひどい!これって病気?医師が分かりやすく解説

更新:2020/04/21

目のクマに直接関係する病気について

クマができる原因は主に3つ

目の下のクマができる原因は大きく分けて3つです。1つ目は、元々の骨格が原因の場合で特に眼球が大きかったり、頬骨が凹んでいることで目立つようになります。2つ目は、体重の減少により頬中央の脂肪が下垂して起きる変化です。5kg以上のダイエット後などに起きることが多いケースです。3つ目は、病気により眼球周辺の形状が変わることにより起きるケースになります。

病気により出来るクマとは?

病気により起きるケースとして最も多いのがバセドウ病です。バセドウ病の症状の一つとして眼球が大きくなり突出するバセドウ眼症というものがあります。バセドウ眼症になると眼球が大きくなる変化とともに周囲の眼窩脂肪が圧迫されて下眼瞼から突出してしまい、黒クマを形成することがあります。バセドウ眼症の場合目の下だけでなく、目の上の脂肪も突出するのが特徴で他のケースと鑑別しやすいです。その他のケースとしては目の下の皮膚にメラニンが沈着することで黒く見える茶クマを起こす病気としてADM(遅発性太田母斑)やアトピー性皮膚炎による色素沈着などが挙げられます。このケースでは目の下の皮膚の色が部分的に濃くなりクマとして見えています。それ以外にも体重が減少するような病気になる事でクマが生じるケースもあります。

目のクマを間接的に作ってしまう病気について

目の下に間接的にクマを作る病気としては、体重減少を伴う病気が一番に考えられます。その中には癌など悪性腫瘍のケースや肝臓疾患や腎臓疾患などもあります。また多いケースとしては甲状腺疾患により体重減少が生じてクマが目立つようになるということもあります。最も多いケースとしては目のアレルギー疾患により目の周囲を擦ってしまうことで起きる色素沈着が挙げられます。花粉症がよくある例ですが、花粉症で痒みが生じて、目を擦ることで皮膚に炎症が生じて色素沈着となるような場合です。このようなケースでは炎症が治らなければ、クマの改善も難しいため痒みのコントロールが非常に重要になってきます。

病気ではないクマとは?

よくあるケース

病気とは関係なくクマができるケースとして最も有名なのが寝不足になります。寝不足が原因でクマができる理由としては、寝不足になることで目の周囲の緊張が十分の取れなくなることで、目の周囲、特に眼窩内脂肪にむくみを生じることにあります。むくみというのは水分の過剰な貯留状態を指します。分かりやすいのは足が浮腫んだ状態です。足が浮腫むのと同じように眼窩内脂肪にむくみが生じることで目の下の眼窩脂肪の突出が強調されて、影ができ黒クマが目立つようになります。寝不足が原因の場合は十分な睡眠が取れることでクマが改善できるので一時的な変化と言えるでしょう。

できるだけ早めの改善を

むくみによるクマも継続的に生じていると脂肪や周囲の筋肉もその形に合わせて変化してしまい、戻らなくなってしまいますので、むくみが原因で起きる一時的な変化のクマも出来るだけ早く改善するように心がける必要があります。また目の周囲にむくみを形成するケースとしては、お酒の飲み過ぎや疲れ、眼球運動の酷使なども挙げられます。生活の中でこのような状態が多い場合には目の周囲の筋肉をリラックスさせる時間を作ることがクマの悪化予防に重要になってきます。

コラム監修丨
セオリークリニックについて

院長 筒井 裕介

院長 筒井 裕介
2003年3月に順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学の形成外科助手を経てオザキクリニックに勤務。2009年12月21日にTheoryクリニックを開業。フェザーリフト(スレッドリフト)や目の周囲の手術を得意とし、にきび跡治療に関しては学会発表や論文発表などを行い 、日々研究を行っている。

目の下のクマ・たるみ・ふくらみの原因と治療方法

03-6228-6617 受付時間:11時~19時 オンライン予約 お問い合わせ
Theoryクリニック
03-6228-6617 受付時間:11時~19時
オンライン予約 お問い合わせ
PAGE TOP

コラムカテゴリー

  • 目もと まぶたのくぼみ・たるみ、 目の下のクマ・たるみ目もと まぶたのくぼみ・たるみ、 目の下のクマ・たるみ
  • 顔のたるみ・ほうれい線 あご・ほほのたるみなど顔のたるみ・ほうれい線 あご・ほほのたるみなど
  • シミ そばかす、肝斑、美肌治療シミ そばかす、肝斑、美肌治療
  • しわ おでこ、目尻、首しわ おでこ、目尻、首