サイトンヘイローによるニキビ跡治療(クレーター)

【目次】

サイトンヘイローとは?

サイトンヘイロー

サイトンヘイローは、サイトン社が生み出したフラクショナルレーザー機器です。2種類のレーザーを同軸上に照射することで、2種類のレーザーそれぞれが持つ特性をいかし、相乗効果を生み出すことで、高い効果とダウンタイムの軽減が期待できるようになりました。

フラクショナルレーザーについて

フラクショナルレーザーとは、レーザーを小さなドット状に分割して表皮に照射することで、レーザーのダメージを受けた組織と受けていない組織とを混合し、皮膚の再生(入れ替え)を行うレーザーです。フラクショナルレーザーは2004年に登場したフラクセルが代表的でしたが、現在では多数の機種があり、レーザーの種類・照射理論の違いなどから、治療結果や適応などに大きな違いがあります。

こんな悩みにオススメ!

・広いクレータータイプのニキビ跡の方
・複数のタイプが混ざったニキビ跡がある方
・毛穴の開きを改善したい

治療の仕組み|ニキビ跡治療 – サイトンヘイロー

動画で分かる!ニキビ跡治療

Theoryクリニック ニキビ跡治療について

レーザー1:アブレイティブフラクショナルレーザー

アブレイティブとは「蒸散させる」ということ。レーザーが照射された皮膚はレーザーの熱効果により蒸発して穴が開いたような状態になります。表皮角質層に照射した場合、余分な角質が消え去ることにより、次に照射されるノンアブレイティブレーザーの深達度を高めることができ、より深いニキビ跡などに効果を発揮することができます。また施術後のダウンタイムの原因として、レーザー照射後の角質が栓となり塞いでいることが指摘されており、この栓を取り除いておくことでダウンタイムを軽減することができるようになりました。

アブレイティブフラクショナルレーザー

レーザー2:ノンアブレイティブレーザー

ノンアブレイティブというのは「蒸散させない」という意味で、レーザーの場合、熱変性を起こさせるタイプのレーザーという意味です。一般的なフラクショナルレーザーはこのノンアブレイティブタイプに属しており、主に真皮の症状の改善に使われます。ニキビ跡のように真皮内瘢痕がある場合、このレーザーにより熱変性を起こさせることで正常組織への入れ替えを促すことができるのです。

ノンアブレイティブレーザー

DTOを採用

サイトンヘイローにはDTO(ダイナミックサーマルオプティマイゼーション)技術が採用されています。DTOとは、レーザーの照射前後の皮膚温度を随時モニタリングし、皮膚温度が高い場合には、それに適したレーザー密度になるよう自動的に変更し、皮膚温度が上がりすぎるのを防ぐ技術です。これにより、皮膚の温度が上がりすぎることによって起きるダウンタイムの超過を防ぐことができます。

DTOを採用

熱作用を利用した治療法の一覧

熱作用を利用した治療法の一覧

Dr筒井の解説

Halo(サイトンヘイロー)はニキビ跡や毛穴に適した設定と、美肌目的に適した設定があります。どの目的で照射するかによって設定を調整し、レーザー照射を行っていきますので、カウンセリングの際に診察の上でご相談しましょう。

当院の治療のポイント

ヘイローは「剥離」タイプのレーザー波長と「熱作用により、コラーゲン生成を促す」レーザー波長、2種類のレーザーを同時に照射することができるハイブリッド型の治療器です。 皮膚の深さでいうと、真皮の中層くらいまでがターゲットとなりますので、深いニキビ跡がある方にはサブシジョンを組み合わせる治療が有効です。 

サブシジョンでは専用の注射針を使用して、深い層の瘢痕組織をしっかりと剥離します。 深いクレータータイプのニキビ跡でお悩みの方におすすめです。

<料金イメージ>
・ヘイロー 3回コース:224,400円
・サブシジョン 1~5箇所:11,000円/1回
※サブシジョンは必要な時に都度行うためコースはございません。
・成長因子 3回コース:88,000円
・合計:323,400円~

料金と施術詳細|ニキビ跡治療 – サイトンヘイロー

料金両頬 1回 88,000円
両頬 3回 224,400円
施術時間約10分
(照射範囲によって変わります)
治療中の痛み照射部位全体に塗布麻酔を行い、痛みを軽減します。必要に応じてブロック麻酔を併用しますが、それでも痛みを感じる場合があります
治療後の痛み日焼けをしたようなヒリヒリとした痛みが約1日続きます。冷やすことにより軽減されます。また、治療直後から熱感がありますが、約1週間かけて徐々に落ち着きます
ダウンタイム・リスク治療当日~翌日に腫れが強く出ますが、徐々に落ち着きます
即効性治療の理論としては1回あたり20%程度の密度の改善になりますので、回数を重ねることで治療効果を実感できるようになります
洗顔翌日より可能
メイク翌日から可能ですが肌の保護のため3〜5日はおすすめしません
シャワー当日より可能です
施術回数1回あたり20%以下の照射密度となりますので5回程度を目安としています

※モニター対象機種:サイトンヘイロー、ポテンツァ
※写真撮影は、ニキビ跡の部分撮影のみとなり、顔全体は写りません。
※モニター募集は予告なく終了することがございます。ご了承下さい。

施術事例(症例写真ビフォーアフター)|ニキビ跡治療 – サイトンヘイロー

Case.1

ニキビ・ニキビ跡治療 - サイトンヘイローの症例写真
施術名サイトンヘイロー
料 金頬1回 88,000円(税込)
リスク治療後の痛み日焼けをしたようなヒリヒリとした痛みが約1日続きます。冷やすことにより軽減されます。また、治療直後から熱感がありますが、約1週間かけて徐々に落ち着きます
赤み治療直後から翌日にかけて徐々に増し、3日目より徐々に落ち着きます。長い方で1週間程度続く方もいます
腫れ治療翌日が最も強く出ますが、当日から枕を高くするなど、頭が低い体勢にならないように工夫することで腫れの症状を緩和でき、徐々に落ち着きます
熱感治療直後が最も強く、徐々に落ち着きます
かさぶた2〜3日経過後より、お肌にザラツキを感じます。 約1週間で自然になくなりますので、無理に剥がさないようにお願いしています

Case.2

  • サイトンヘイロー+PFDの症例写真(施術前)
  • サイトンヘイロー+PFDの症例写真(施術後)
施術名サイトンヘイロー+PFD(成長因子)
料 金3回施術の合計金額 379,500円(税込)
リスク治療中の痛み照射部位全体に麻酔を行い痛みを軽減します
赤み治療直後から翌日にかけて徐々に増し、3日目より徐々に落ち着きます。長い方で約1週間続く方もいます
腫れ治療翌日が最も強く出ますが、徐々に落ち着きます
熱感治療翌日が最も強く出ますが、徐々に落ち着きます
ザラつき施術2~3日経過後より、お肌にをザラつきを感じます。約1週間で自然になりますので、無理に剥がさないようにお願いしています

Case.3

  • サイトンヘイロー+サブシジョン+PFDの症例写真(施術前)
  • サイトンヘイロー+サブシジョン+PFDの症例写真(施術後)
施術名サイトンヘイロー+サブシジョン+PFD(成長因子)
料 金3回施術の合計金額 356,400円(税込)
リスク治療中の痛み照射部位全体に麻酔を行い痛みを軽減します
熱感サイトンヘイロー:日焼けをしたようなヒリヒリとした痛みが約1日続きます。治療直後から熱感がありますが、約1週間かけて徐々に落ち着きます
腫れサブシジョン:施術後に腫れが出ますが、1~2週間で徐々に回復します
内出血サブシジョン:施術直後から内出血が発生しますが、1~2週間で徐々に回復します

ニキビ跡治療の症例写真をもっと見る

施術の流れ|ニキビ跡治療 – サイトンヘイロー

STEP1
カウンセリング
医師によるカウンセリングで、お客様それぞれのお肌の状態をチェックします。治療経験が豊富な医師が診察し、あなたの肌に合った治療法をアドバイスいたします
STEP2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております
STEP3
麻酔
照射部位全体に塗布麻酔を行います。また施術の強度に応じてブロック麻酔を追加して、お痛みの軽減を図ります
STEP4
照射
照射はオーダーメイドで行いますので、数種類のレーザーを組み合わせて照射を行っていきます
STEP5
冷却
お肌、皮下組織を鎮静して、術後の腫れを最小限にします。GFブースターパックを併用される方にはレーザー照射直後のお肌に成長因子を含んだジェルをお肌に浸透させていき、治療効果の増大と施術後のお肌の鎮静効果を高めます
STEP6
ホームケア
レーザー照射後の最適な肌ケアについて説明させていただきます

よくある質問|ニキビ跡治療 – サイトンヘイロー

  • ニキビ跡のサイトンヘイロー治療後、経過(ダウンタイム)の過ごし方で気をつけることはありますか?

    施術箇所は、清潔に保ち保湿を心がけてください。また色素沈着を防ぐために、SPF30以上の日焼け止めをご使用ください。 飲む日焼け止め、帽子や日傘、マスクなどのご使用をおすすめしております。


  • ニキビ跡のサイトンヘイロー治療後、効果はいつ頃期待できますか?

    3ヵ月に1回のペースで、5回の施術をおすすめしております。治療の約1ヵ月後からが効果を感じやすい時期になります。


  • 施術後、かさぶたはどのくらいでとれますか?

    治療後数日すると、シミが浮き出たようにかさぶたになります。 1週間適度で落ち着いてきます。


  • 施術後、洗顔はしても大丈夫ですか?

    洗顔料は刺激の少ないものを使用してください。 ぬるま湯で洗い流し、優しく水気を拭き取ってください。 肌が非常に乾燥しますので、保湿を十分に行ってください。


  • 運動はいつから大丈夫ですか?

    腫れや熱感が取れるまでの4日間程は、激しい運動はお控えください。


  • ニキビ跡治療のサイトンヘイロー治療後、入浴はいつから大丈夫ですか?

    シャワーは当日より可能ですが、腫れや熱感が取れる4日間程度は入浴をお控えください。 シャンプーによってしみる場合があるため、治療部位につかないように気を付けてください。


  • ニキビ跡治療のサイトンヘイロー治療後、メイクはいつから可能ですか?

    翌日から可能ですが、肌の保護のため3〜5日はおすすめしておりません。また、アルコールが入った化粧水等はしみることがありますので、刺激の少ないものを使用してください。


ニキビ跡 治療メニュー

ニキビ 治療メニュー

症例写真はこちら

料金表はこちら

当サイトの監修・著者について

当ページの著者は院長 筒井裕介であり、Theoryクリニックのホームページは、美容外科、美容皮膚科医である院長 筒井裕介が監修しています。2018年6月に改定・執行された「医療広告ガイドライン」を遵守してコンテンツを掲載しています。

■サイト責任者丨院長 筒井 裕介の所属学会

・日本形成外科学会

・日本美容外科学会(JSAS) 専門医

・日本美容皮膚科学会 会員

・日本臨床抗老化医学会 会員

・日本再生医療学会 会員

アクセス

Theoryクリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F

メール:info@theory-clinic.com

電 話:03-6228-6617