ニキビ跡治療 – ナノレーザーピール

ナノレーザーピールとは?

ナノレーザーピール

ピーリングといえば薬剤を用いて角質を溶かす手法が一般的でしたが、レーザー技術の進歩により薄皮一枚一枚を剥がす様に丁寧な照射ができる機器が誕生しました。それがサイトン社のレーザー機器、ナノレーザーピールです。ナノレーザーピールは、高出力のエルビウムヤグレーザーが照射でき、ハイパワーのレーザーのパルス幅(照射時間)を極めて短くすることで、薄く、そして丁寧に削り、炭化させない照射が可能になっています。

治療の仕組み

蒸散作用を利用した治療

レーザーによって角質層を薄く取り除く技法をレーザーピーリングと呼びます。レーザーでピーリングを行う際、「蒸散効果」と「炭化効果」という変化が生じます。蒸散効果は、角質は蒸発してなくなることであり、レーザーピーリングではこの効果を求めて照射のパワーや深達度を決めていきます。 炭化効果は、蒸散効果の周囲に生じる変化で、蒸散ほどの熱量が加わらず中途半端な熱量により、「焦げる」というイメージの変化です。レーザーピーリングではこの炭化効果は不要であり、照射部位の組織再生を妨げるため、できる限り蒸散効果のみで炭化効果を生じないレーザー照射が理想となります。

蒸散作用を利用した治療

皮膚表面から皮膚深部を蒸散させる治療法の一覧

皮膚表面から皮膚深部を蒸散させる治療法の一覧

Dr筒井の解説│組み合わせ治療がおすすめ

Dr筒井

ナノレーザーピールはニキビ跡や、毛穴治療の際にコンビネーション治療の要として使われるレーザーです。余分な角質組織を除去した際、他のフラクショナルレーザーを組み合わせることで、より深くレーザーを届けることが可能になりますので、深いニキビ跡や厚い皮膚の方の毛穴改善が可能になります。レーザーのコンビネーション治療はお肌の状態やニキビ跡、毛穴のタイプにより適した組み合わせが異なってきますので、カウンセリングの際に診察の上でご相談しましょう。

施術詳細

施術時間 約10分
(照射範囲によって変わります)
治療中の痛み 照射部位全体に塗布麻酔を行い痛みを軽減します。また必要に応じてブロック麻酔を併用します。それでも痛みを感じる場合があります
治療後の痛み 治療直後、熱感が強く出ますが、1週間程かけて徐々に落ち着いてきます
ダウンタイム・リスク 治療当日から翌日に腫れが強く出ますが、徐々に落ち着いてきます
即効性 治療の理論としては1回あたり20%程度の密度の改善になりますので、回数を重ねることで治療効果を実感できるようになります
洗顔 翌日より可能
メイク 翌日から可能ですが肌の保護のため3〜5日はお勧めしません
シャワー 当日より可能です
施術回数 1回あたり20%以下の照射密度となりますので5回程度を目安としています

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
医師によるカウンセリングで、お客様それぞれのお肌の状態をチェックします。治療経験が豊富な医師が診察し、あなたの肌に合った治療法をアドバイスいたします
STEP2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております
STEP3
麻酔
照射部位全体に塗布麻酔を行います。また施術の強度に応じてブロック麻酔を追加して、お痛みの軽減を図ります
STEP4
照射
照射はオーダーメイドで行いますので、数種類のレーザーを組み合わせて照射を行っていきます
STEP5
冷却
お肌、皮下組織を鎮静して、術後の腫れを最小限にします。GFブースターパックを併用される方にはレーザー照射直後のお肌に成長因子を含んだジェルをお肌に浸透させていき、治療効果の増大と施術後のお肌の鎮静効果を高めます
STEP6
ホームケア
レーザー照射後の最適な肌ケアについて説明させていただきます

ニキビ跡 治療メニュー

ニキビ 治療メニュー

症例写真はこちら

料金表はこちら

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です