ニキビ跡治療 – パール

パールとは?

パール

パールはレーザーが技術により制御され、皮膚に広く浅く照射することができます。その結果、均一に古い角質を除去し、滑らかな質感にするお肌入れ替え治療機です。

治療の仕組み

表皮内に作用させる

表皮内に作用させる

パールは、表皮角質を蒸散させることでターンオーバーの乱れから起こる毛穴の開きやニキビ痕、肌の凸凹などの改善、同時に適度な熱が真皮層に加わることでコラーゲンの新生と再構築が期待できます。蒸散して再上皮化を図る表面的作用と真皮層のコラーゲン新生・再構築による内面的作用の2つが並行して働くことで、肌が新しく生まれ変わります。

皮膚表面から皮膚深部を蒸散させる治療法の一覧

皮膚表面から皮膚深部を蒸散させる治療法の一覧

Dr筒井の解説│パール✕パールフラクショナル

Dr筒井

サイトンプロフラクショナルは、レーザーによるダメージが周囲に伝導しにくい(熱変性が少ない)ことで得られる創傷治癒の早期化や、レーザーの深達度が25~1500μmにコントロールされていることなど、にきび跡治療におけるメリットが多くあります。

パールフラクショナルについて詳しくはこちら

施術詳細

施術時間 約10分
(照射範囲によって変わります)
治療中の痛み 照射部位全体に塗布麻酔を行い痛みを軽減します。また必要に応じてブロック麻酔を併用します。それでも痛みを感じる場合があります
治療後の痛み 日焼けをしたようなヒリヒリとした痛みが約1日続きます。冷やす事により軽減されます。また、治療直後から熱感がありますが、1週間ほどかけて徐々に落ち着いてきます
ダウンタイム・リスク 治療当日~翌日に腫れが強く出ますが、徐々に落ち着いてきます
即効性 治療の理論としては1回あたり20%程度の密度の改善になりますので、回数を重ねることで治療効果を実感できるようになります
洗顔 翌日より可能
メイク 翌日から可能ですが肌の保護のため3〜5日はお勧めしません
シャワー 当日より可能です
施術回数 1回あたり20%以下の照射密度となりますので5回程度を目安としています

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
医師によるカウンセリングで、お客様それぞれのお肌の状態をチェックします。治療経験が豊富な医師が診察し、あなたの肌に合った治療法をアドバイスいたします
STEP2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております
STEP3
麻酔
照射部位全体に塗布麻酔を行います。また施術の強度に応じてブロック麻酔を追加して、お痛みの軽減を図ります
STEP4
照射
照射はオーダーメイドで行いますので、数種類のレーザーを組み合わせて照射を行っていきます
STEP5
冷却
お肌、皮下組織を鎮静して、術後の腫れを最小限にします。GFブースターパックを併用される方にはレーザー照射直後のお肌に成長因子を含んだジェルをお肌に浸透させていき、治療効果の増大と施術後のお肌の鎮静効果を高めます
STEP6
ホームケア
レーザー照射後の最適な肌ケアについて説明させていただきます

ニキビ跡 治療メニュー

ニキビ 治療メニュー

症例写真はこちら

料金表はこちら

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です