ライトシェアデュエットによる永久脱毛

医療脱毛のメカニズムについて

医療脱毛のメカニズム

毛には毛周期というサイクルがあり「成長期」「退行期」「休止期」の3つの期間で形成されています。

・成長期:毛が成長する期間
・退行期:毛が成長を止め毛が抜けるまで期間
・休止期:毛が抜けてから、新たに成長を始めるまで

脱毛ができるのは「成長期」と「退行期」の毛のみです。そのため休止期の毛を脱毛するために、複数回の施術が必要となるのです。

脱毛までの流れ

脱毛までの流れ

1:剃毛してから、フラッシュライトを照射
2:毛根のメラニンに反応して熱が発生。毛根組織とともに毛根を破壊
3:毛根が破壊された毛は、自然と抜け落ちていく

Dr稲村の解説

Dr稲村

医療脱毛の原理は毛包を破壊する事です。発毛メカニズムの研究から、毛包組織に毛を生やすプログラムが埋め込まれている事がわかりました。毛根を抜いたり壊したりしても、毛はまた生えてくるのはこのためです。しっかりと脱毛を行うにはこの原理を用いた医療用機器で施術を行わなければなりません。毛根・毛乳頭を破壊するためには強い熱エネルギーが必要であり、医療脱毛器が扱える医療クリニックで出来る施術です。

セオリークリニックの医療脱毛について

脱毛経験者の方にも、はじめて行う方にも、安心して、しっかりとした効果を実感してもらいたい。そんな思いから、当クリニックではこだわりの治療法と空間をご用意しております。また、当院では予約数を制限し、お客様の確実な予約にこだわっております。一定の枠が埋まった場合は、新規の予約をお受けしておりません。

セオリークリニックの医療脱毛
ここが嬉しい!

・打ち漏れがあった際は4週間無料で対応致します
・最終的なお支払額については事前にご説明行います。ストレスとなる勧誘もいたしません。
・コースの有効期限はありません(全身脱毛の場合、有効期限は3年間となります)

使用するレーザー機器について

ライトシェア・デュエット

日本人の肌タイプに適しているとされているのがダイオードレーザー。そのダイオードレーザーにおいて、世界でシェアを誇るルミナス社のライトシェア・デュエットを使用しています。ライトシェアは、世界で始めてFDA※ から承認された医療レーザー機です。
※FDA…米国食品医薬品局/日本の厚生労働省に相当

ダイオードレーザーについて

ダイオードレーザー

当院では、2種類のハンドピースを搭載するライトシェアデュエットを導入し、部位ごとに使い分けることで、より安全で痛みの少ない、スピーディな脱毛を実現しています。

照射範囲が広い部位に… HSハンドピース

HSハンドピース

痛みの軽減

吸引システムで脱毛を行います。皮膚を吸引して伸ばすことによって、皮膚に含まれるメラニンにレーザーが吸収されるのを抑え、毛のメラニンに効率的に吸収させることが可能です。低いエネルギーでも効率的に脱毛を行えるようになったため、痛みを最小限に抑えることが可能になりました。

毛のメラニンに効率的に吸収させることが可能

施術時間を短縮

最大級の照射口径により、従来と比較し、1/4の施術時間で脱毛が可能です。


冷却ジェル不要の快適な脱毛

低いエネルギーで効果的に脱毛することができるため、冷却なしでも治療後の赤みやヤケドのリスクが少ないのが特徴です。施術部位に冷却ジェルを塗る必要がありません。

照射範囲が細かい部位に… ETハンドピース

ETハンドピース

痛みの軽減

冷却機能がついていますので、皮膚を保護しながら脱毛できます。痛みも大幅に軽減されています。

皮膚を保護しながら脱毛

うぶ毛や軟毛にも

うぶ毛などの柔らかい毛に対応している機器はなかなかないのですがライトシェア・デュエットでは対応可能です。

治療のリスクを軽減するために…

治療のリスクを軽減するために

医療脱毛を選択する方は、「安全にしっかりとした効果を実感したい」という方がほとんどです。メスを使う施術とは違い、機器を用いる脱毛は、リスクについての考えが浅くなりがちですが、脱毛において重要なのは、用いる機器の次に「照射する人」ではないでしょうか。当院では、脱毛機器の使用年数が5年以上の看護師のみが担当いたしますので、安心してお任せください。毛量や毛質、肌の色を見極めて、適切なパワーで漏れなく照射を致します。

治療のリスクについて

治療中の痛みゴムをパチンと弾いたような痛みがあります
治療後の痛み照射部位が赤くなり、ヒリヒリする場合がありますが、1時間程度で痛みは落ち着きます
赤みレーザー照射後の皮膚の発赤、ほてりがあります。保冷剤などでお肌を冷やしていただくと、10分~1時間ほどで殆どの赤みやほてりは引いてきます。脱毛後の皮膚は紫外線ダメージを受けやすくなっています。必ず日焼け止めを使用してください。自己処理する際には毛抜は使用しないでください

Dr稲村の解説

Dr稲村

当院の医療脱毛では、カウンセリングからプラン決め、使用する機器や治療のリスクをしっかりとお伝えします。医療脱毛で使用する医療用レーザーは、医療機関でしか取り扱いができない、高出力のレーザーのことを指します。基本的には医療機関でないと使用することは出来ません。厚生労働省からも「レーザー脱毛は医療行為である」という発表がされています。セオリークリニックでは、肌への負担と痛みを極力抑え、ツルツルの美しい肌へ仕上がるよう心がけています。

施術の流れ

STEP1
ご予約
医師によるカウンセリングで、お客様それぞれのお肌の状態をチェックします。治療経験が豊当サイトの予約フォームより、カウンセリングご希望日時を送信ください。当日のカウンセリング後、そのまま脱毛に入りたい方は備考欄にその旨ご記入くださいませ
STEP2
ご来院
アトピーや皮膚疾患の有無など、カウンセリング・診断を行います。照射の痛みが気になる方は、この時点でテスト照射も可能です。(別途550円かかります)。火傷を引き起こす可能性が高くなるため、前日に剃毛をお願いしております
STEP3
クレンジング
施術範囲を確認し、マーキングをする場合があります。顔の施術の場合には、メイクを落して頂きます
STEP4
照射
照射経験5年以上の女性スタッフが担当いたします。お部屋にはテレビも完備しているため、リラックスして施術をお受け頂く事ができます
STEP5
次回の予約
お帰りの際またはお電話にて次回以降の日時をお伺い致します
STEP6
アフターケア
照射後、約3日ほどで毛が出てきますがこれは皮膚に残っていた毛となりますので、自然に抜け落ちていきます。毛周期に合わせて(約2ヶ月に1回)、複数回の施術が必要です。照射により、皮膚に赤みなどの症状が出た場合は、ご相談ください。無料で軟膏を処方しております。

よくあるご質問

  • 脱毛の治療間隔はどのくらいですか?

    顔は2週間~1ヵ月、その他は2ヵ月を目安としてください。


  • 脱毛後、気をつけることはありますか?

    脱毛後の皮膚は紫外線ダメージを受けやすくなっています。必ず日焼け止めを使用してください。自己処理する際には毛抜は使用しないでください。


  • 脱毛完了まで、治療回数はどのくらい必要ですか?

    必要な回数は毛量によって異なりますが、5~10回程度必要になります。


よくある質問をもっと見る

毛穴 治療メニュー

料金表はこちら

当サイトの監修・著者について

当ページの著者は院長 筒井裕介であり、Theoryクリニックのホームページは、美容外科、美容皮膚科医である院長 筒井裕介が監修しています。2018年6月に改定・執行された「医療広告ガイドライン」を遵守してコンテンツを掲載しています。

■サイト責任者丨院長 筒井 裕介の所属学会

・日本形成外科学会

・日本美容外科学会(JSAS) 会員

・日本美容皮膚科学会 会員

・日本臨床抗老化医学会 会員

・日本再生医療学会 会員

アクセス

Theoryクリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F

メール:info@theory-clinic.com

電 話:03-6228-6617

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です