切開法、まぶたのたるみ解消

当院の切開法について

当院の切開法について

理想の二重を作るために行われる治療として、特に効果的なのが切開による二重手術(切開法)です。切開法には切開する部位、大きさにより術式が分かれており、皮下脂肪の量、眼窩脂肪の量、皮膚の余り方、作りたい二重の形により術式を選択していきます。

部分切開重瞼術

部分切開重瞼術

眼瞼下垂の原因となる瞼板という軟骨と、目を開く動きを作り出す眼瞼挙筋という筋肉の剥がれている部分を修復することで、症状を改善する治療法です。また皮膚切開も行うため皮膚の余りも同時に改善することが可能です。

全切開重瞼術

全切開重瞼術

皮膚の余りの調整が必要な場合や、内側まで広いラインをとりたい場合に使用する術式です。

目頭切開

目頭切開

目を大きく見せたい場合や、目と顔の位置のバランスを改善したい場合に用いられる術式です。また蒙古襞が強い場合に二重ラインの内側を広げる際にも使用します。

 目尻切開

目尻切開

目頭切開ではバランスが崩れてしまう場合に使用される術式で、目尻側のまぶたを切開し目を大きく見せる術式です。

施術詳細

施術時間 30~40分
麻酔 局所麻酔
入院の必要性 なし
治療後の痛み 2、3日程度あります(痛み止めを処方いたします)
ダウンタイム・リスク 治療後、腫れが5~7日程起こります。また、内出血が起こりますが1~2週間で消失します
術後の通院 抜糸 1週間後
洗顔 2日後から
メイク 抜糸後から
コンタクトレンズ 翌日から
シャワー 当日
入浴 翌日から可

アフターケア保証について

二重のラインを作り出すにはセンスと機能を考慮したデザインが求められます。当院はお客様の希望に沿う形を作り出しますが、ご希望に沿わない場合無料で修正をおこなっております。

施術事例

Case.1

まぶた(たるみ・二重)- 全切開重瞼術の症例写真
施術名 全切開重瞼術
料 金 253,000円(税込)
リスク 治療後の痛み 約2~3日 ※1週間後に要抜糸
腫れ 約5~7日
内出血 1~2週間で消失

施術の流れ

STEP1
カウンセリング
現在の症状を診断の上、どのような治療法の選択肢があるのかを説明させていただきます。ご自身の状態にあった治療を相談の上決定していきます。
STEP2
クレンジング
洗顔でメイクや汚れを落としていただきます。施術前は低刺激の洗顔料、クレンジングが重要なため、当クリニックでご用意しております。
STEP3
デザイン
目の形、二重のライン、目の開き具合を調整しながらデザインを決めていきます。鏡を見ながらどのように治療を行うのかも説明していきます。
STEP4
麻酔
手術の前に麻酔を行います。通常は局所麻酔で手術は行います。ご希望に応じて笑気麻酔屋静脈麻酔を併用することも可能です。
STEP5
手術
手術を行います。手術中は目の開き具合や二重の形状を確認するために何度か起き上がっていただきながら手術を進めていきます。
STEP6
クーリング
手術後は十分に冷却を行い、腫れの予防に努めます。

まぶた お悩み別治療メニュー

症例写真はこちら

料金表はこちら

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です