グラマラスライン形成(タレ目形成)

【目次】

グラマラスライン形成とは?

グラマラスライン形成

グラマラスライン形成は、下まぶたの裏側の結膜を切開する本格的なタレ目形成術です。瞼板と奥のLER(下眼瞼の筋肉)を糸で縛って短縮させることで下瞼を下げ、目を大きくしたり、タレ目にしたい場合におすすめの施術方法です。下瞼の裏側を切開するため、外から傷が全く見えません。また、後戻りしにくいのも特徴で、長期間の効果を期待できます。

このようなお悩みの方におすすめ!

・大きな目元にしたい方
・タレ目で優しい印象にしたい方
・ツリ目を改善したい方

治療の仕組み|グラマラスライン形成(タレ目形成)

グラマラスライン形成(埋没法) は、下瞼の裏側(結膜面)を切開して行う施術です。
まず、下瞼を外反(アカンベーの状態)し固定し、下瞼裏側の結膜を切開。粘膜を剥離させます。次に、LERと呼ばれる下眼瞼の筋肉と瞼板を糸で縛り下瞼の位置を下げます。縛った糸は結膜の下に埋没させ、結膜を縫合します。下瞼の裏側を切開するため外から傷が見えません。

Dr李の解説│手術が不安な方へ

Dr李塡鏞

グラマラスライン形成(埋没法) は、高い効果が期待できるタレ目形成術ですが、術後1ヵ月のダウンダイムがございます。セオリークリニックでは、患者様のお顔全体のバランスを見ながら、グラマラスライン形成が最適な方法であるかをまず検討します。
その中で、どの術式を選択するべきか、どの施術と組み合わせるかをご提案いたします。詳しい施術の説明や、仕上がりを一緒に考えながら、納得のいく治療を受けていただくスタイルをとっています。

当院のグラマラスライン治療のポイント

他の施術を組み合わせることも可能

グラマラスライン形成(埋没法) では、目尻切開や二重形成、目の下の経結膜脱脂など他の施術を併用し、より豊かな目元にすることも可能です。例えば、幅広の二重まぶたになりたい場合は、グラマラスライン形成と二重形成を併用することができます。目の横幅を広くしたい場合には、グラマラスライン形成と同時に目尻切開を併用することもおすすめです。

安全に配慮した麻酔法

グラマラスライン形成(埋没法) では、局所麻酔と点眼麻酔を併用します。目の下のように腫れやすい部位は、大量の麻酔を注入してしまうと腫れを助長してしまいます。そのため当院では痛みの出るポイントにだけ適量の局所麻酔を注入して最小限の麻酔量にとどめています。

丁寧なデザイン

Dr李塡鏞

患者様のお顔全体のバランスを見ながら、丁寧にデザインしていきます。優しい印象のタレ目になりたい、目を大きく見せたいなど、患者様のご要望をカウンセリングでしっかりと伺ったうえで理想グラマラスラインを叶えられるよう下げ位置や下げ幅をデザインします。

料金と施術詳細|グラマラスライン形成(タレ目形成)

料金385,000円(税込み)
施術時間両目で20〜30分程度
傷跡の有無外からは全く見えません
治療中の痛みほとんどありません
局所麻酔と点眼麻酔を併用するため、痛みは感じません
治療後の腫れ・痛み個人差はありますが、2日~1週間程で落ち着きます
ダウンタイム・リスク約1ヵ月間。大きな腫れは1週間程で治ります。その後1ヵ月程で80〜90%の腫れが引き、2〜3ヵ月で残りの腫れが落ち着きます。個人差はありますが内出血することがあります。お化粧で隠せる程度に1~2週間で落ち着きます
抜糸瞼の裏(結膜側)で縫合していますので、抜糸の必要はありません
洗顔翌日から可 ※患部を濡らさないようご注意ください
メイク翌日から可 ※ただし、痛みやしみる感覚がありましたら2〜3日様子を見てください
コンタクトレンズ1〜2週間後から
運動軽いジョギング程度であれば1週間後より可能
施術回数基本的には通院の必要はありません

施術の流れ|グラマラスライン形成(タレ目形成)

STEP1
カウンセリング
医師がカウンセリングでお肌の状態をチェックします。治療経験豊かな医師が診察を行い、治療法をご提案いたします
STEP2
クレンジング
施術を行う前には低刺激の洗顔料、クレンジングを用いての洗顔が重要となります。専用の洗顔料、クレンジングをご用意しています
STEP3
麻酔
局所麻酔と点眼麻酔を併用します
STEP4
施術
結膜を切開し施術を行います。麻酔を使用しているため痛みは感じません

よくある質問|グラマラスライン形成(タレ目形成)

  • グラマラスライン形成で逆さまつげになりますか?

    グラマラスライン形成で逆さまつげになる可能性は高くはありませんが、グラマラスラインの幅を大きめに下げた場合や、もともと逆さまつげになりやすい方は逆さまつ毛になりやすいといわれています。


  • グラマラスライン形成と目尻切開の違いは何ですか?

    二重手術の埋没法と切開法の違いとしてイメージしていただけると分かりやすいと思います。しかし目尻切開は目の正常構造を不可逆的に変えるため、合併症(粘膜露出、目尻のU字変形)も生じやすく、形成外科的に適応は非常に限られます。


  • グラマラスライン形成のダウンタイムはどれくらいですか?

    腫れは、手術の翌々日をピークに3日目から引いていきます。1週間で60〜70%の腫れが引き、約1ヵ月で80〜90%の腫れが引きます。その後、2〜3ヵ月で残りの腫れが落ち着いていきます。


まぶたのたるみ取り│治療メニュー

目元│治療メニュー

症例写真はこちら

料金表はこちら

当サイトの監修・著者について

当ページの著者は院長 筒井裕介であり、Theoryクリニックのホームページは、美容外科、美容皮膚科医である院長 筒井裕介が監修しています。2018年6月に改定・執行された「医療広告ガイドライン」を遵守してコンテンツを掲載しています。

■サイト責任者丨院長 筒井 裕介の所属学会

・日本形成外科学会

・日本美容外科学会(JSAS) 会員

・日本美容皮膚科学会 会員

・日本臨床抗老化医学会 会員

・日本再生医療学会 会員

アクセス

Theoryクリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F

メール:info@theory-clinic.com

電 話:03-6228-6617

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です