脂肪注入|目の下のクマ・たるみ治療Q&A

脂肪の生着率はどのくらいですか?

生着率は70%程度になりますが、人によって高い方もいらっしゃれば、最終的にかなり減少してしまうケースもございます。 そのため、90%以上が生着するように注入量を最初から多くするようなことはせず、脂肪の再注入の可能性についてもきちんと説明させていただいております。 ただし脂肪の再注入が必要になるほど減少してしまう場合は全体の2%程度で、100人に2人程度のリスクです。また再注入が必要な場合には、アフターケア保証により、通常よりも少ない費用で追加治療が可能となっています。


脂肪が足りなくならないよう、初めに多めの脂肪注入はできますか?

原則的に当院では行いません。 多めの脂肪注入を行った場合、一定の確率で多く残り過ぎてしまう、しこりが残るなどトラブルが起こりやすくなります。 脂肪が多く残り、しこりになってしまったときには、対処法がなく改善させることが大変難しいのです。 そのため最初から多めに注入して脂肪が残るような危険な治療はおすすめしません。 足りなければ不足分を追加することで改善できます。 当院では、減らすのではなく、足すことで改善し、「修復できないほどの合併症を起こす治療は提供しない」をポリシーとしていますのでご理解下さい。


脂肪注入はしこりにはなりませんか?

しこりは脂肪注入量が多過ぎるときと、大きな脂肪壊死部分がある場合にのみ存在します。 目の下に脂肪注入をする際に、必ず多めに入れるという施術を行うクリニックもありますが、これは逆に脂肪生着率の低下を招いてしまい、その結果しこりを生じるリスクが大きいため、セオリークリニックでは行いません。


脂肪注入とピュアグラフティングの違いは何ですか?

脂肪吸引した脂肪をそのまま注入するのが、脂肪注入です。 ピュアグラフティングは、脂肪から水分などの不純物を取り除いたピュアな脂肪を注入します。 そのため、脂肪注入法に比べ生着率が高く、しこりになるリスクも低くなっております。


その他のよくある質問を見る

当サイトの医師監修について

Theoryクリニックのホームページは、美容外科、美容皮膚科医である院長 筒井裕介が監修し、2018年6月に改定・執行された「医療広告ガイドライン」を遵守してコンテンツを掲載しています。

■サイト責任者丨院長 筒井 裕介の所属学会

・日本形成外科学会

・日本美容外科学会(JSAS) 会員

・日本美容皮膚科学会 会員

・日本臨床抗老化医学会 会員

・日本再生医療学会 会員

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です