ピュアグラフティング – 目の下のクマ・たるみ治療(膨らみ・凹み)Q&A

ピュアグラフティングは、なぜ生着率が高いのですか?

脂肪細胞が生着するために最も重要なことは、血液から栄養をもらうことです。 幹細胞は体内に注入されると脂肪細胞や脂肪細胞に栄養をもたらす血液を供給する血管になります。採取した脂肪を注入すると、周囲から新しく細い血管が発生します。 この血管と注入された脂肪が連結すると、脂肪に栄養が行き渡り生着して体内にずっととどまります。 つまり、幹細胞を補充することで、脂肪細胞自体の数も増え、栄養を供給する血管が新しく生まれ、より多くの脂肪細胞が生着することになります。


ピュアグラフティングと、コンデンスリッチ(CRF)法との違いは何ですか?

コンデンス法は、ピュアグラフティングと同じように脂肪を濃縮して注入する方法ですが、濃縮した脂肪は、不純物除去、活性度ともにピュアグラフティングよりも精度が劣ります。 また、当院の脂肪注入では採取する脂肪は10cc程度で足りますが、CRF法ですと50cc程の脂肪が必要となり、お客様の身体的負担になります。さらに、何よりも費用が高額となります。(通常の脱脂術+30万円ほどかかります)


CRFと比較して、ピュアグラフティングのメリットは何ですか?

CRFとピュアグラフティングを比較しますと、まず大きく違うのが必要脂肪量です。 CRFは50cc、ピュアグラフティングは10ccと少なく、身体への負担がかなり少ない事がメリットです。 また脂肪を処理する際、ピュアグラフティングはCRFに比べ細胞へのダメージが少ないため、 質と活性度の高い脂肪が取れます。そのため炎症が起こりにくくなり、生着率のアップにも繋がります。 その他海外での認知度は高く、データに裏付けれた実績があります。


ピュアグラフティングと脂肪注入の違いは何ですか?

脂肪吸引した脂肪をそのまま注入するのが、脂肪注入です。 ピュアグラフティングは、脂肪から水分などの不純物を取り除いたピュアな脂肪を注入します。 そのため、脂肪注入法に比べ生着率が高く、しこりになるリスクも低くなっております。


その他のよくある質問を見る

当サイトの医師監修について

Theoryクリニックのホームページは、美容外科、美容皮膚科医である院長 筒井裕介が監修し、2018年6月に改定・執行された「医療広告ガイドライン」を遵守してコンテンツを掲載しています。

■サイト責任者丨院長 筒井 裕介の所属学会

・日本形成外科学会

・日本美容外科学会(JSAS) 会員

・日本美容皮膚科学会 会員

・日本臨床抗老化医学会 会員

・日本再生医療学会 会員

お得な治療プログラムについて

  • 美ボディメイク プログラム美ボディメイク プログラム 二の腕、お腹など、部位の組み合わせや治療機器の組み合わせが可能なプログラム
  • 美肌ベーシック プログラム美肌ベーシック プログラム 光治療とビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。若々しい素肌に
  • スーパーリフト プログラムスーパーリフト プログラム タイタンXLとビタミンC、トラネキサム酸がセットになった治療です。シワ、肌のたるみ改善に
  • ニキビ改善 プログラムニキビ跡改善 プログラム ニキビ跡のタイプ毎に治療法を組み合わせる、オーダーメイドの治療です